庭と暮らす。

初心者ズボラ&テキトーガーデナーの庭づくりやお手入れ、日々の暮らしをご紹介します。

芝生をカット、そして粘土💧

こんばんは、ピルヴィです。
ひと雨ごとに暖かくなっていくのでしょうか?
明日の午前中までは雨が降りそうな北関東の某所です。
夜中には風も強まるとか。

さてこの前の日曜日は久しぶりに暖かかったので庭仕事をしました。
ずっと気になっていたことがありまして…

昨年の外構工事の際に植えたマルバノキの下。

ちょっと暗くてわかりにくいのですが、根元は芝生とレイタータイムが半々になっています。
「なんかかっこ悪いなぁ…」とずーっと思ってました。
あと、芝生のカットがしづらい💦
芝生が一直線になってて不自然極まりないように感じます💧

本当はもう少し植栽をする予定でしたが、希望の樹木が手に入らなくて、そのままになっています。
根元周りに低木などを植えたいと考えまして、それならイングリッシュガーデンのように芝生をキレイにカットしようじゃないか‼️となったわけです。


↑こちらには先日購入したジューンベリーを植える予定です。

しかしですねぇ、やはり土の入れ替え15㎝じゃあ問題の根本解決にはならないんです。
結局下は粘土のまま😰そしてご存知の幼虫😱
(虫って凄い生命力ですよねぇ…あんなに酸素なんかなさそうな粘土でも生きてるなんて💧
幼虫様は小鳥たちに差し上げました)


と言うわけで、EB-aを投入して土壌改良後に植え付けることにしました。
それで、1日経ったのでスコップで掘ってみたらまだビクともしないくらいカチカチだったので、EB-aを追加投入。
もうEB-aも無くなってしまいました😰

あとは腐葉土などを混ぜて出来るだけ柔らかくするしかありません。
は〜重労働が続きます💧

それから玄関脇にクロッカスが咲きました。


これからほかの球根も続々と開花の兆しです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました😊